--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-18

はるばる来たぜ「アル・ケッチャーノ」

上越新幹線で新潟に向かい、特急いなほに乗り換える。
目的地は山形県鶴岡。
東京から4時間半の旅だ。

alyuuhi.jpg
車窓から日本海の沈む夕陽を臨む。ちょうど佐渡島に沈んでいく。

午後5時30分過ぎ、鶴岡駅に着く。

タクシーに乗り、「アル・ケッチャーノ」に向かう。

今回の旅はただただこの「アル・ケッチャーノ」で食事をするだけが目的である。ほかに何もない。

タクシーで15分ほど走ると「アル・ケッチャーノ」はあった。
地元山形の食材を使ったイタリアン。
以前から気になっていた店である。

al000.jpg
蔦の絡まるアル・ケッチャーノ。

そのたたずまいと店内の雰囲気から、ベルギー郊外の「ドゥ・ヘーレン・ヴァン・リーデケルケ」という素晴らしいレストラン(ビールとベルギー料理のペアリングが楽しめる)を思い出す。


al001.jpg
まずはワラサ(ブリの幼名)。塩とオリーブオイルでいただきます。


al002.jpg
右上から時計回りに、揚げた麩にのったサンマ、もって菊(食用菊)で巻いたサンマ、栗とマスタード


al003.jpg
アル・ケッチャーノの奥田シェフが鯉川酒造とのコラボで造った、イタリアンに合う日本酒「水酒欄」をオーダー


al004.jpg
燻製したイワナと鯛を折り重ねたテリーヌ仕立て


al005.jpg
フルーツトマトのカッペリーニ、山羊のリコッタチーズと雪塩


al006.jpg
めじまぐろのグリル 小松菜と竹塩


al007.jpg
黄鯛とタコと舞茸


al008.jpg
ボタン海老のはえぬき米リゾット


al009.jpg
ハタハタの湯あげと赤ネギ
 

al010.jpg
マコモダケの生ハム巻きフリット


al011.jpg
月山の水で煮た鯛 ルッコラペーストのミズの実添え


al012.jpg
天然キノコのパスタ


al013.jpg
フォアグラとイチジク
 

al014.jpg
羽黒の羊 糸かぼちゃとパイン 柿酢とタイム塩


al015.jpg
ジング芋のグラタン


al016.jpg
鳥海山の水のゼリーと和梨 フィンガーライム添え


al017.jpg
和栗のデザート

いやぁ~、素晴らしい。
感動しました。

al018.jpg
奥田シェフとツーショット。

また行きたいレストランです。
ほんと、来て良かった。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

藤原ヒロユキ

Author:藤原ヒロユキ

プロフィール
大阪教育大学卒業後、中学校教諭を経てフリー。イラストだけでなく、エッセイ、コラムも好評。ビールを中心とした食文化や野球、街角にも超精通。

ワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル(ともにアメリカ)、ターボルビアフェスティバル(チェコ)など国際的ビアフェスティバルの審査員を務める。主な著書は「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎)、「藤原ヒロユキのイラストで巡る世界のビール博物館」(ワイン王国社)他多数。2013年より季刊誌「ビール王国」(ワイン王国社)の編集主幹となる。日本ビアジャーナリスト協会会長。ビアジャーナリストアカデミー学長。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
管理者用
QRコード
QRコード
PR










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。