--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-07-06

問題は「書いたらその社は終わり」のほうだ。

言葉づかいが悪い。
上から目線。
高圧的。

たしかに、すべからく問題である。
被災者の人々の気持ちを逆撫でにし、九州出身の方やB型の方の怒りも買った。

しかし、私が最も引っ掛かっていることは「書いたらその社は終わり」のほうだ。

終わりとはどういうことなのか?
書いたら出入り禁止にして取材させないということか? 弾圧するということか? その社を潰すということか?

嘘やねつ造、根拠のない誹謗中傷でない限り、情報の開示になんの問題があろうというのか?
都合の悪いことは書くな。大本営発表を書けばいい。ということか?
情報を隠蔽しようとする体質こそ問題だと思う。
原発事故当初、御用学者と御用記者により「安全です、安全です。メルトダウンはしていません」と叫ばれてきた。
そしてその後、それがウソだとわかった。

国が「これは書くな」と言う権利はあるのか?
国民は知らぬ存ぜぬで死んでいけば良いってことか?

今回の件、マスコミは”感情論”としてあおるだけでなく、”情報公開に対する国の体質”を取り沙汰するべきではないのだろうか?
大臣がマスコミに脅しをかけたり、報道規制をかけようとする態度はいかがなものか。

なぜ、切り口が”個人の人格攻撃”に終始しているのか疑問だ。

コメントの投稿

非公開コメント

あのおいちゃん。
私は面白いと感じました。

「もしかして政権を早く終わらせてやろう」とか考えてないか?

どのグループにも属さずに旧社会党でとりあえず民主党に
所属してる風。

かなりの資産家で選挙地盤もある立場。

やはりお金の心配や選挙の苦労もないから発言に強さが
ありますね。

個人攻撃に終始は同感です。

大マスコミは我が在り方も見直して自己批判せよ。



プロフィール

藤原ヒロユキ

Author:藤原ヒロユキ

プロフィール
大阪教育大学卒業後、中学校教諭を経てフリー。イラストだけでなく、エッセイ、コラムも好評。ビールを中心とした食文化や野球、街角にも超精通。

ワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル(ともにアメリカ)、ターボルビアフェスティバル(チェコ)など国際的ビアフェスティバルの審査員を務める。主な著書は「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎)、「藤原ヒロユキのイラストで巡る世界のビール博物館」(ワイン王国社)他多数。2013年より季刊誌「ビール王国」(ワイン王国社)の編集主幹となる。日本ビアジャーナリスト協会会長。ビアジャーナリストアカデミー学長。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
管理者用
QRコード
QRコード
PR










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。