--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-23

暖房まで電気に頼ることはなかったのではないか?:オール電化の弊害

私は以前から東京電力の「電気はエコ」「オール電化政策」に疑問を感じ、個人的に小さな抵抗を続けてきた。
これが今回、誠に不幸なこととして表面化したわけで、今一度「電気はエコ」「オール電化は地球に優しい」といった嘘に惑わされないように警鐘をならしたいと考えているからだ。


私は以前、京都・丹後にある家を改装する際、オール電化について随分と調べてみたことがある。
一時は、オール電化も考えたが途中で「待てよ? これはなんか変だぞ?」と感じたのだ。


「オール電化」とは「電気を使おう」ではなく「ガスや灯油など電気以外のエネルギーを使うな」ということなのだ。


「ガスや灯油は炎が出て危険」だとか「CO2を排出している」とかいうネガティブキャンペーンをはり、他のエネルギー源を排除し、すべてを電力で掌握しようとする独裁化の隠れ蓑だということがわかったからだ。
炎はちゃんと使えば危険ではない。むしろ、目に見えるぶん、注意をはらう。
CO2はすべてが悪者ではない。むしろ、植物にとっては必要なものだ。循環させればCO2はO2に戻る。

しかし、その植物(森林)をダムの底に沈め、火力発電所で大量のCO2を排出し、自然界には戻っていかない核廃棄物を地底に埋めている(絶対に安全だと言っているが、今回の原発も「絶対に安全だ」と言っていた。失敗するとまた「想定外以上の」と言う枕詞で言い訳を始めるのだろう)にも関わらず、「電力は地球に優しい」などというまやかしを唱えている。目の前でCO2が発生しないことを利用して「電気はエコ」などとアナウンスしている。

そんなわけで私は、丹後の家を厨房まわりをガス、風呂や厨房まわりの給湯は灯油によるボイラーと太陽光利用のソーラー、暖房は灯油ストーブと薪ストーブと火鉢とコタツや電気毛布など、冷房は1部屋だけクーラーをつけるといった割り振りにした。


さらに、東京の事務所のクーラー電源の解約問題で電力会社の恐ろしい体質を知り、「これは絶対に”オール”電化をしてはいけない。電力に頼りすぎてはいけない」と感じたのだ。(詳しくは藤原ヒロユキ日記アーカイブ2008年2月7日に出ているので是非読んでいただきたい。また、その伏線になる出来事も2007年9月16日に出ているので御覧いただければありがたい。)


ここ何日かの間に、気温が下がった日は電力の消費量がどんどん上がり、大型停電の可能性が発表された。
不幸中の幸いと言うべきか、大停電は回避されたが、気温の低下で電力消費量が上がるというのは本来は不自然ではないか?

オール電化以前、気温の低下で上昇するのは、灯油、ガス、炭、薪、木炭、石炭、練炭といったものではなかったのか?

暖房や厨房や給湯まで電気を使う意味があるのだろうか?
電気自動車の電気は森を沈めたダムやCO2を大量に出している火力発電所や核廃棄物を生む原子力発電所で作られている。本当にエコか?

私はすべての電気にNO!と言っているわけではない。電気は必要な分だけで良い。エネルギー源の何分の一かで良い。
皆さん、もう一度、電力とは何か? 電力会社とは何か? 彼らがしようとしていることは何なのか? なぜ”オール”電化なのか? なぜ原発が必要なのか? を見つめ直しませんか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤原ヒロユキ

Author:藤原ヒロユキ

プロフィール
大阪教育大学卒業後、中学校教諭を経てフリー。イラストだけでなく、エッセイ、コラムも好評。ビールを中心とした食文化や野球、街角にも超精通。

ワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル(ともにアメリカ)、ターボルビアフェスティバル(チェコ)など国際的ビアフェスティバルの審査員を務める。主な著書は「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎)、「藤原ヒロユキのイラストで巡る世界のビール博物館」(ワイン王国社)他多数。2013年より季刊誌「ビール王国」(ワイン王国社)の編集主幹となる。日本ビアジャーナリスト協会会長。ビアジャーナリストアカデミー学長。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
管理者用
QRコード
QRコード
PR










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。