--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-21

中百舌鳥のエニブリュ

大阪へ。

中百舌鳥のエニブリュへ。

100521kanban.jpg
以前から「行きたいなぁ」と思い続けていたお店。

100521eniburyu.jpg
やっと念願がかなった。

テイスティング・セット1回目。
1005211.jpg
ちょっとユニークなビールを3つ、セレクトしてみました。

いわて蔵、情熱の赤。リンゴから造られたサイダー(シードル)。
しっかりとしたカーボネーション。リンゴの香り。ポテトサラダ、玉子に合った。

反射炉ビール、大吟醸政子。
日本酒酵母で醸されたビール。吟醸香あり。甘味と若干の酸味。桃や甘味あるブドウにも似た香り。ポン酢、大根おろし、いかの刺身とよく合った。

鬼伝説、ウィートラガー。
ホップの香りと苦味。小麦ビールの軽やかな飲み口も心地よい。


2セット目。
1005212.jpg
レッド系でまとめてみました。

鬼伝説、赤鬼レッドエール。
ロースト感、フルーティ・フレーバーが印象的。

ビアバディ、レッドエール。
マイルドな甘味。後口に苦味を感じる。

湘南ビール、スーパービター。
まさにシトラス・アロマ!苦味もしっかり。力のある良いビールだ。


3セット目。
1005213.jpg
ペールエール、IPA系でまとめてみました。

志賀高原ビール、ハウスIPA。
素晴らしいホップのアロマ。心地よいハーブや刈り草のような香り。フレーバーには柑橘系のキャラクター。素晴らしいホップ感。

ベアードビール、ライジングサン・ペールエール。
フルーティーアロマ。飲むとしっかりとしたアメリカン・ホップの味わいが広がる。温度が上がるとさらにシトラス感がさらに印象的。

反射炉ビア、レインボー・ホップ・IPA。
ローストアロマ、フルーツ・フレーバ。IPAとしてはホップの香りや苦みがややおとなしい感じもするがペールエールとしてドリンカビリティーの高い、魅力あるビール。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤原ヒロユキ

Author:藤原ヒロユキ

プロフィール
大阪教育大学卒業後、中学校教諭を経てフリー。イラストだけでなく、エッセイ、コラムも好評。ビールを中心とした食文化や野球、街角にも超精通。

ワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル(ともにアメリカ)、ターボルビアフェスティバル(チェコ)など国際的ビアフェスティバルの審査員を務める。主な著書は「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎)、「藤原ヒロユキのイラストで巡る世界のビール博物館」(ワイン王国社)他多数。2013年より季刊誌「ビール王国」(ワイン王国社)の編集主幹となる。日本ビアジャーナリスト協会会長。ビアジャーナリストアカデミー学長。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
管理者用
QRコード
QRコード
PR










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。