--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-27

デンバーでビアジャッジの日々

今回、デンバーに来た最も重要な理由は「グレート・アメリカン・ビア・フェスティバル」を楽しむだけではなく、それに伴い開催されるコンペティションのビアジャッジを務めるためです。
(初日からあまり詳しく日記に書けなかったのは、かなり忙しくて時間がなかったから…。)

22(火)のオリエンテーリングから始まり、23(水)24(木)は午前9時から午後5時まで、25日(金)は午前9時から12時30分まで。この4日間、ずっとビールのジャッジをし続けてました。

もちろん、夜はレセプションやフェスティバルもあり、かなり疲れましたぁ。

でも、めっちゃ楽しかった。
あまり英語が得意ではないので、始まる前はかなり緊張していましたが、ま、ビア・ジャッジグの用語はもともと英語ですからね。アロマ、フレーバー、スカンキー、DMS、、、、。

ジャッジの内容に関してはここに詳しくは書けないんですが(現場はカメラ、携帯電話、PC、レコーダーなどの持ち込みはすべて禁止です。秘密厳守)、フェスティバルのほうは写真も載せますね。


600jadgejacke.jpg
ジャッジ全員に配られたのタグとジャケット(の胸のマーク)


今回日本から参加したジャッジはこの3人。

600wynishi.jpg
Toshi Ishii
サンディエゴのストーン醸造所でビール造りを学び、日本でビール造りとその文化向上に貢献したブルワー。
来年にはアメリカでオーナーブリューワーとして新醸造所を立ち上げる。

600wyntomo.jpg
Tomoko Sonoda
舞浜地ビール「ハーベストムーン」醸造責任者。

600wynfuji.jpg
Hiroyuki Fujiwara

フェスティバル会場では、

600P925toshitomo.jpg
ドッグフィッシュヘッドのブース内に入っちゃってる石井さんと園田さん。

600P925fujiwara.jpg
スピークイージーのブース内に入っちゃってる私。
ジャッジのタグがあればここらへんまでは入って行けちゃいます。

600gyarett.jpg
ギャレット・オリバー氏!!
彼もジャッジの一員だったのでレセプションで名刺交換をしてました。
今日は私の本をプレゼントしました。

25(金)の夕方からクアーズフィールドに行きました。

600coorsfinf.jpg
クアーズフィールド。

マイクロブルーのビールも売ってます。

600coorsmicro.jpg
ブルームーンとサンドロット。

600coorshotd.jpg
球場のフルコース。
ピーナッツ、クラッカージャック、サンフラワー・シード&ホットドッグ

600bluemoon.jpg
月が出てました。
ならばビールは、もちろんブルームーンで。


600coorsbum.jpg
結果はロッキーズのサヨナラ勝ち。
ここはブリーチャートいう最もコアなファンが集まる外野席。
盛り上がる地元のアンちゃんたち。

そして、今日はなんと「ウォーキング・イン・ザ・パーク」の日でした。(実は知らずにいったんですが)
試合終了後、球場の中に入れるイベントです。
クアーズフィールドには以前、取材で入りフィールドに降りたことがあるんですがさすがにこんな中央までは行ったことがなかったので大感激です。

600infeild.jpg
私のフェイバリット・プレイス、レフト・フィールドに立つ。

26(土)はフェスティバルに行き、受賞ビールの発表会に参加。

600hyousyou1.jpg
表彰式

600hyousyou2.jpg
中央が会長のチャーリー・パパジアン氏。人望が厚い。

600dd.jpg
今年の「ブルワリー・オブ・ザ・イヤー」はDRY DOCKでした。

このオブ・ザ・イヤーは、受賞したビールの数を金銀銅のポイントで換算し、得点の高いブルワリーが受賞する。
ただし、ブルワリーはあらかじめ自分が換算してほしい銘柄を8つ以内に絞って申告しておく必要がある。(それ以外のものが受賞しても換算されない)
でないと、たくさん出品したところが有利になっちゃうからね。
フェアーです。


ブルワリー見学もしました。

600debainkanban.jpg

600debaidokoujou.jpg
グレード・ディバイド。


ブルーパブめぐりもしました。

600rockbottum.jpg
ロックボトム

600sandlot.jpg
サンドロット

600wainku-pu.jpg
ワインクープ

600burikkenn.jpg
ブリッケンリッジ

600debainmise.jpg
グレート・ディバイド

デンバーは楽しいです。

コメントの投稿

非公開コメント

地元のクラフトビールが飲める球場なんて最高ですね。しかも芝生開放の日とは...羨ましすぎます。

ありがとうございます

HIRAさんへ

コメントありがとうございます。

球場のイベントは知らずに行ったんでラッキーでした。
かなり興奮しました。

藤原さんへ

デンバーの旅はお疲れさまでした!次回の北米の旅の予定もありますか?今年の夏僕は10年ぶりにケーベック州へ行ってビールはとても美味しかった(ベルギー系のビールが多く)。チャンスがあれべぜひ行って下さい!

レッドより

レッドさん

コメントありがとうございます。

発見が遅れて返信が遅くなってすみませんでした。

ケベック、面白そうですね。
ユニブロウは日本でも飲める店がありますが、もっとたくさんいいのがあるんでしょうね。

今後とも情報、お待ちしています。
プロフィール

藤原ヒロユキ

Author:藤原ヒロユキ

プロフィール
大阪教育大学卒業後、中学校教諭を経てフリー。イラストだけでなく、エッセイ、コラムも好評。ビールを中心とした食文化や野球、街角にも超精通。

ワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル(ともにアメリカ)、ターボルビアフェスティバル(チェコ)など国際的ビアフェスティバルの審査員を務める。主な著書は「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎)、「藤原ヒロユキのイラストで巡る世界のビール博物館」(ワイン王国社)他多数。2013年より季刊誌「ビール王国」(ワイン王国社)の編集主幹となる。日本ビアジャーナリスト協会会長。ビアジャーナリストアカデミー学長。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
管理者用
QRコード
QRコード
PR










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。