--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-09-30

赤坂~神楽坂 ベルギービール巡り

赤坂「デリリウムカフェ・レゼルブ」に行く。


ストライセ醸造所の「イグニス&フラマ IPA」
オランダ のデ・モーレン醸造所が10の醸造所に『デ・モーレン「ヴール・ヴァルム」IPAをそれぞれの醸造所の観点で自由に作ってみて欲しい』と依頼し、ストライセ醸造所が造りあげたストライセ版「ヴール・ヴァルム(Fire&Flame)」がこのイグニス&フラマ IPAだ。


ジャンデリン醸造所の「ファイブ・センス」
褐色系のセゾン。スパイスとホップの魅力が心地よい。


カズー醸造所の「トゥルネー・ノアール」
ベルギー解釈のスタウトとでも言おうか。
ロースト香とフルーティーアロマが融合している。
非常に興味深い味わい。

神楽坂の「ビアバー・ビター」に行ったら超満員。かろうじて入店できてスタンディングでウエストマールのトリプルを飲む。しばらくしたら、ちょっと空いてきてカウンターに落ち着く。

「デリリウムカフェ・レゼルブ」も満席だったし、ビアバーが盛り上がってるのを体感した一晩だった。
良い夜だ。
スポンサーサイト
2011-09-29

また…

また神宮球場。
また負けたぁ。
同一カード6連敗はアカンやろ。

金本兄貴のホームランや相手のミスで中盤は勝ってたのにぃ。
たしかに、能見の替え時はもーちょっと早めが妥当やろ。
ベンチの継投ミスと言われても仕方ないかなぁ。。。
最近はデイリーですら公然と真弓監督批判が一面やもんなぁ。
でも、あんまりそーゆーのは聞きたくないなぁ。

最近、神宮球場では、生ビールではなく、瓶か缶ビールを買うようにしてます。

1109291.jpg
サッポロ黒ラベル

1109292.jpg
キリン一番搾り

1109293.jpg
キリンラガー

終了後、西麻布の「笄寿司」へ。
旨かった。
あー、ウマカッタらウシマケタ。
あ~、ツバメ勝ったら、トラ負けた。
2011-09-27

ドイツ&オーストリアビール専門店「ワサファル」

渋谷カタラタス3号店「ワサファル」へ。
ドイツ&オーストリアビール専門店です。

kata31.jpg
ゲッサー ピルスナー

kata32.jpg
シュナイダー ブルックライナー ホプフェンヴァイス

kata35.jpg
Uerige

kata33.jpg
Alpirsbacher

kata34.jpg
ベルリーナヴァイス

2011-09-26

栗と茄子とクリームチーズのフィットチーネ

丹後から栗が届いた。

110925kuri1.jpg
デカイ!

110925kuri2.jpg
そして小さい柴栗もいっぱい。

6110928フィットチーネ、丹後の小さい栗と長茄子のクリームチーズソース
まずは柴栗を茹でる。
同じく丹後から届いた長茄子とでクリームチーズでソースを作り、フィットチーネの昼食。
2011-09-25

ランビック・オータム・セッション 2011

虎ノ門「デリリウム・トーキョー」で開かれた「ランビック・オータム・セッション 2011」に参加。


30種のランビックが大集合!!の会である。

2011092512520001.jpg

De Ranke醸造所に今回の為だけに特別に樽詰めしてもらった「Cuvee De Ranke」と「De Ranke Kriek」がなんと樽生で登場!!

110925fujiwara.jpg
ピンクの象さんの被り物。お調子者!

1109252.jpg
メガ・ブレンドも登場。




2011-09-24

第1回一関地ビールフェスティバルin横浜

横浜のキャプテン翼スタジアムにある「TSUBASA CAFE」、横浜みなとビアガーデンでおこなわれた「第1回一関地ビールフェスティバルin横浜」に参加。

2011092415160000.jpg
青空にビール!


さらに「ベイブルーイング・ヨコハマ」にも行く。

2011092416320000.jpg
茄子料理を肴にビールを飲む。
パイントグラスとTシャツを購入した。


かなり酔って帰宅。
2011-09-23

ヒロユキ's BAR 浅草美食倶楽部:最終回

浅草「アミューズミュージアム」で「ヒロユキ's BAR 浅草美食倶楽部:最終回」をおこなう。

テーマは「食欲の秋、王道ベルギービールを極める」
ベルギー発祥のビールをセレクションし、それに合うベルギー風料理を作りました。

美食倶楽部

途中、スマートミューズアリちゃんやカナダから来日中のフェリちゃんが飛び入りしたりと賑やかな会になりました。
フェリちゃんは日本大好きの女性プログラマーで、東京ゲームショーのために来日中。左の腕には、なんとセーラームーンのタトゥーが入ってました。
*スマートミューズのブログ:http://www.appdime.jp/2011/04/29/p-11860

なお、当日のもようはhttp://www.ustream.tv/recorded/17450341で御覧いただけます。


2011-09-23

ビア・テイスティング・ディナー

9/28(水)に、六本木の東京ミッドタウンの「ユニオンスクェア東京」「ビア・テイスティング・ディナー:Beer Tasting Dinner」がおこなわれます。



ネストビールでおなじみの木内酒造と藤原ヒロユキ、ユニオンスクェア東京のコラボレーションによるビア・ディナーです。
味わい深いネストビールから3種、藤原ヒロユキが開発したバーレイ&ウィートワインの白と赤の2種、計5種のビールにユニオンスクェア東京の松田シェフが5品の料理を合わせてご提供いたします。
新しいビールの楽しみ方を、秋の美味しい食材と共に味わってください。

メニューとそれぞれにペアリングさせるビールは以下の通りです。

南房総千倉産お魚のシトラスマリネとタラバガニ、マンゴーのターター サラダ仕立て
にブルックリンラガー

佐賀産酵素ポークとフレッシュパルチーニのタリアテッレ ローズマリー風味
にネスト・ペールエール

ロブスターとお魚のスロークック バーレイ&ウィートワイン・ブランのバターソース
にバーレイ&ウィートワイン・ブラン

軽くスモークした骨付き仔羊のグリル キャラメルオニオントレッドムーンポテトのロースト
にバーレイ&ウィートワイン・ルージュ

温かいスフレショコラ キャラメルソースとバニラアイスクリーム
にネスト・エスプレッソスタウト



当日は木内酒造スタッフ、藤原ヒロユキも来店します。

詳しくは
http://www.unionsquaretokyo.com/news/?p=1761
または
TEL 03-5413-7780 まで。←御予約もこちらで受け付けています。

2011-09-21

台風襲来

まいりました。
いやはやなんとも。

午後6時30分から京葉ガスの市川ショールームで始まる料理教室のため、高田馬場を午後4時に出発。
通常は東西線で飯田橋まで行き総武線に乗り換え本八幡へ。
駅すぱーとによれば所要時間は乗り換えも含め40分。
予定は5時入りなので楽勝って感じです。

ところが、飯田橋で総武線に乗り換えようとしたら運休。
ショールームに電話したら「教室は決行します。都営線が動いているのでそっちまわりで来てください」とのこと。
東西線に乗り直し九段下まで行き、都営新宿線で本八幡を目指す。
駅スパートでは九段下~本八幡は28分。
まーなんとかなるって感じだ。

で、九段下の都営線のホームにたどり着いたら、人人人。
来た電車には乗ることが出来ず、やり過ごすこと3台。
やっと乗車したが、もー満員でギューギュー。
さらに電車はノロノロ運転&停車の繰り返し。
神保町や小川町はもちろん、その先の駅も人でいっぱいでさらに車内はギュギュギュのギュギュギュのギュギュギュのギュギュギュー。
普段、ラッシュというのを経験しない私にとって人生最大の混み具合だ。
その上、ストップ&ゴーの繰り返しで、車内は将棋倒し寸前。
度々、悲鳴があがる情況である。

で、やっとこさ本八幡に着いたのが6時10分。
都営新宿線だけで1時間半ほどかかりました。

料理教室が始まるまで20分弱しかない。
慌てて、ショールームに電話したら「今日は中止です」って。
ならば、帰るか、と思ったら構内放送で「本八幡-大島間で運休」と聞こえてきた。
帰られへんやん!

仕方がないので、ショールームに向かう。

途中、商店のシャッターが剥がれてヒラヒラとたなびいているし、立て看板は転がっていくし、私自身もツツツツーと風に流されて歩道から落ちそうになるし(電信柱にしがみつきセーフ)恐ろしいったりゃあらしない。

なんとかショールームにたどり着いたが、今度はキッチンが使えないとのこと。
食材はあるのに…。
会議室(?)のようなところに通され、待機。
テレビもPCもない部屋なうえに電波が悪くワンセグも入らない。
台風が今どこにいるかもわからないし、交通情報も把握できない。

パンをちぎって、とろけるチーズスライスをそのまま乗せて”とろけてないチーズ”のまま食べる。
冷えてない缶ビールを1本飲む。

で、9時過ぎ、ツィッターで「都営新宿線全面運行」の情報を得て、本八幡駅に向かう。

混雑と遅延を覚悟していたが、どーも、この時間から都心方面に向かう人はほとんどいなかったようでガラガラ。
電車も憂さを晴らすかのように快調に飛ばしビュンビュン。
九段下で乗り換え、(東西線はやや混みでやや遅延)10:20、高田馬場に帰ってきた。

そのうえ、京都から東京に来ていた旧知のY大先生から「新幹線が停まって、ホテルも満室で取れない。泊めてくれ」との連絡があった。
帰宅難民から一瞬にして帰宅難民受け入れ側になる。
お腹が減っていたので、高田馬場の「コットンクラブ」でピザとビールを奢ってもらうということで手を打ち、泊めてあげることに。
こちらもこちらでまさに台風襲来。
2011-09-20

9/23は「ヒロユキ's Bar 浅草美食倶楽部」最終回

9/23 (金・祝)、浅草「アミューズミュージアム」(〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目34番3号:03-5806-1181)で「ヒロユキ's Bar 浅草美食倶楽部」がおこなわれます。


今回がついに最終回。


テーマは「食欲の秋、王道ベルギービールを極める」

ビールと料理は「ベルギー発祥スタイルのビールとベルギースタイル料理」です。

用意されるビールは
・ヴェデット
・シメイ
・パトラッシュ
・ネストホワイトエール
・バーレイ&ウィートワイン ルージュ
・コエド紅赤

ヴェデット、シメイ、パトラッシュはベルギーで造られているビールです。
ネストホワイトエールは茨城県の木内酒造で造られているビールで各国のビアコンペで「ベルジャン・ホワイトエール」部門で金賞など高い評価を受けているビールです。
バーレイ&ウィートワイン ルージュはジャパン・クラフトビア・ビアセレクション、ベルジャン・スペシャリティビール部門にエントリーされています。
コエド紅赤はベルジャンスタイルではありませんが、今回予定しているベルギー風料理との相性が非常に良いので用意しています。

是非御参加下さい!

お申し込みはhttp://fujiwarahiroyuki.blog38.fc2.com/blog-entry-592.htmlで。
プロフィール

Author:藤原ヒロユキ

プロフィール
大阪教育大学卒業後、中学校教諭を経てフリー。イラストだけでなく、エッセイ、コラムも好評。ビールを中心とした食文化や野球、街角にも超精通。

ワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル(ともにアメリカ)、ターボルビアフェスティバル(チェコ)など国際的ビアフェスティバルの審査員を務める。主な著書は「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎)、「藤原ヒロユキのイラストで巡る世界のビール博物館」(ワイン王国社)他多数。2013年より季刊誌「ビール王国」(ワイン王国社)の編集主幹となる。日本ビアジャーナリスト協会会長。ビアジャーナリストアカデミー学長。

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
管理者用
QRコード
QRコード
PR










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。